【2020.03.28】
人生を豊かにする方法山内

皆様、こんにちは。
鎌倉薬膳アカデミーの山内です。

今日は、薬膳を勉強する上では欠かせない
【中医学的な考え方】について紹介します。

中医学の源流は、
2,500年前農耕文明から発生し、
医学・哲学・文化として発展してきました。

哲学では、
陰陽・宇宙観・五行など
一般的には難解な部分もありますが、

『 大宇宙と小宇宙 = 宇宙と地球 』
『 大宇宙と小宇宙 = 地球と人体 』

などと説明すると
比較的分かりやすいと思います。

また、
「人体は密接に関連して
一つの整体を形作っている」
ということも非常に当たり前の事なので、

人体内部はそれぞれが独立して
機能しているのでなく、

《五臓六腑》、《組織》、《器官》 が繋がりあうことで
正常に働いていることを表しています。

中医学を表面的に理解するのではなく、
その先に一歩足を踏み入れてみると

実は私たちの日常と深く結びつき、
多くの場面で役立っているかを知ることができます。

そうなると中医学が楽しくなります。

私自身の中医学での学びとして、
『 中庸(ちゅうよう )』があります。

これは、鎌倉薬膳アカデミーが掲げる
『 和 』の思想にもあてはまります。

バランス・空気感・自然体など
しなやかに対応する感覚と共通すると思います。

中医学の学びは、必ずや豊かな人生を
教えてくれることでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
2020年4月期中医薬膳営養師コースは
5月スタートになりました!
詳しくは、★こちら