【2020.11.16】
弁証施膳マスターコース高尾

1年の中医薬膳営養師コース修了者向けの弁証施膳マスターコースでは、症例を基により実践的な治療薬膳を考えるコースです。

コロナウイルスの影響により、密を避ける対策として2クラスに分かれての授業を今月から行っています。

山内先生による復習と解説。
一生懸命覚えた内容も、少し経つとどうしてもうろ覚えになってしまいます。
何度も繰り返し聞くことで、少しずつ身に付くのが中医学。焦らずじっくり学べば一生ものの宝になる知識です。

昨日の日曜コースの皆さんが作った施膳はこちら。
テーマは、先月小島先生による講義で学んだ「飛蚊症」。
肝腎陰虚や気血両虚、湿熱など症例別に施膳した薬膳です。

今日の月曜コースの皆さんは、こちらの施膳。
 

十全大補湯をベースに考えて下さったスープや、肝腎陰虚、湿熱を改善する施膳を作って下さいました。
どのお料理も美味しくて、身体に良い!そして、見た目も鮮やか✨
薬膳は食材の力を中医学の理論に則って組み合わせる料理です。
季節の養生から、治療薬膳まで幅広く奥深いですが、旬の野菜を食べることなど、とても身近なところから始められます。
毎日の生活に活かせる和の薬膳®︎を是非ご一緒に学んでみませんか?