【2022.04.23】
怪しい中医学高尾

2021年10月期中医薬膳営養師コースに入学してくれたYさんが、授業の時にわざわざノートを見せに来てくれました。

Yさんは、バリバリのキャリアウーマンで、どちらかと言えば「1+1=2」でしょ!という考え方で生きてこられた方だと思います。

中医学は、その点ちょっと違います。
「1+1は3っていう考え方もあっていいんじゃない?」という感じ。

目に見えないものを大切にする概念や哲学的要素が含まれるため、精神主義的な物事の捉え方をするのです。

▼目に見えないこと大切なことについて
鎌倉薬膳インスタライブ

Yさんにとって、入学当初の授業は「陰陽」「外邪」「混沌(カオス)から陰陽が生まれる」なんて言葉が出てきて、まさに頭の中はカオス状態。
「怪しいことを学ぶところに入学しちゃったなぁ~」なんて気持ちもあったそう。

怪しいと思いながら、しっかりノートをとっているところがYさんらしい(笑)

現在は、薬膳をどのように作るかを学ぶ「薬膳営養学」を受講中。最初のころは「実習が待ち遠しい」と感じていたYさんですが、今は「これまでの薬膳を作るための勉強がいかに必要だったかよく理解できる」とお話していました。

小さなお子さんを育てながらお仕事もバリバリこなして、いつ勉強しているんですか?と聞くと、「通勤時間」とのこと。これから始まる実習も是非楽しんで頂きたいと思います♬

2022年7月期中医薬膳営養師コース募集中!
詳しくは、こちら