【2022.07.25】
弁証施膳マスターコース高尾

先月の授業で菅沼栄先生に教えて頂いた「皮膚病」の講義を基に、昨日は皮膚病に対する弁証施膳の授業を行いました。

弁証施膳マスターコースでは、
テーマについてみんなで発表&議論を行っています。

今朝のニュースで見たのですが、最近は議論を避ける風潮があるそうです。
学生に「議論で物事を決めて」というと、LINE投票など人物が特定されないような方法で決めようとするという、某大学の先生の話が紹介されていました。

議論というと、自分の意見で誰かを言い負かすようなイメージがありますが、正しくは「お互いの意見を論じ合うこと」です。

意外と皆さん、自分の意見を言う機会は少ないのではないでしょうか。
会社にいたら色々なしがらみがあったり、家の中でも誰かに遠慮して思っていることを伝えていなかったり。
※もちろん全員がそうではないと思います!

鎌倉薬膳アカデミーでは、正しいとか、正しくないとか、そういうことではなく、自分の考えを述べたり、他人の意見を聞く

活発な意見交換の中から自分なりの納得や気づきを得る授業を行っています。
最後は山内先生が薬膳を作る上での大切なポイントを伝えています。

そして、みんなで撮影会(笑)
誰かの考えや意見ってとっても勉強になるんですよね。

line line