3回完結

講義と実習をと取り入れた3回完結の講習会〈薬膳体感コース〉

目の奥がずーんと重い、目がゴロゴロする、疲れが目にきてるなぁとお感じのあなた。
食べ物の力でスッキリ改善したら嬉しいですよね!

この講座では、中医学からみるドライアイについて学び、薬膳の考え方に沿った食材・献立・養生法を学びます。
分かりやすい丁寧な解説で、薬膳初心者の方にも安心して受講していただけます。
講習会終了後には、1つでも気になる症状が緩和または改善していることを目指します。

ご家庭で即実践できるスープや簡単薬膳など、スーパーで手に入る身近な食材を使って、
薬膳食材の効果的な使い方なども交え、分かりやすくお伝えします。
お手軽簡単薬膳レシピで毎日の食事から疲れ目・ドライアイを改善します!
単発での受講も可能です。ご都合に合わせて1回からお気軽にご参加ください♪

体験クラス日程その他

クラス名
疲れ目・ドライアイ改善講座
場所
鎌倉薬膳アカデミー
日時
【1】2019年9月24日(火) 10:30〜13:00
【2】2019年10月8日(火) 10:30〜13:00
【3】2019年10月22日(火) 10:30〜13:00
会費
¥4,860×3回=¥14,580(税込)
【単発受講の場合】¥5,400(税込)/回
※いずれも講習費・材料費・資料代込み
持ち物
筆記用具・エプロン・ハンドタオル
募集締切
3日前迄募集

※当校の講座・イベントはすべて女性限定です。
※キャンセルについて
3日前から前日までは、費用の半額、当日キャンセルは費用の全額をキャンセル手数料として申し受けます。ご了承下さい。

こんな方におすすめ

  • スマートフォンや携帯、パソコンをよく使う方
  • 眼精疲労や目の乾きを感じる方
  • 最近、老眼が進んだと感じる方
  • 小さな虫が飛んでいるように見える(飛蚊症)
  • 目の奥に痛みがある

このようなことが出来るようになります

  • 疲れ目・ドライアイ改善に効果がある食材選びのポイントが分かります
  • 疲れ目改善ストレッチ体操で、目の疲れが緩和されます
  • 養生法を知って講習会後もご自身で継続してできるようになります

 

講師

持田 賀子(もちだ よしこ)

中医薬膳営養師

自身の体調不良を経験したことから「食」の大切さを痛感し、薬膳に出会い勉強を始める。薬膳の理論と実習をしっかり学ぶため山内先生に師事。学んでいくうちに、体調が良くなっていっただけでなく、自分自身や周りへの物の見方や考え方が大きく変わったことを実感した。この素晴らしさを他の方にも広めたいと思い講師の道に。

体験クラスお申込みフォーム

は必須入力です。

セイメイ
郵便番号-
都道府県
市区町村・番地
建物・マンション名以降

和の薬膳協会入会規約

第1章 本協会の名称及び拠点

第1条 (名称)
本協会は、「和の薬膳協会」と称する。
第2条 (拠点)
本協会の主たる事務局は、神奈川県鎌倉市御成町13-12内に置く。

第2章 目的及び事業

第3条 (目的)
本協会は、鎌倉薬膳アカデミーの研究活動を基本に、さまざまな文化活動を行うことを目的とする。
第4条 (事業)
本協会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
1. 薬膳・中医学に関する講習会、講演会、研修旅行などの実施
2. 食育・健康に関する講習会、講演会の実施を通じて、食の啓蒙活動を実施
3. 鎌倉薬膳アカデミー卒業生の講師育成活動
4. その他、本会の目的を達成するために必要な事業

第3章 会員

第5条 (種別)
1. 本協会の目的及び事業に賛同し、協力する者をもって会員とする。
2. 本協会の会員は女性限定とする。
第6条 (入会)
1. 本会の会員になろうとする者は、本協会で実施するいずれかの講座へ参加した後、別に定める入会申込書を提出する。年会費は無料とする。
2. 鎌倉薬膳アカデミーの卒業生は、自動的に会員とする。
第7条 (会員の特典)
1. 会員割引で講習会などに参加することができる。
2. 会員は鎌倉薬膳アカデミー主催の夏期講習会に参加できる。
第8条 (退会手続き)
退会希望の際は、協会事務局にEメールまたはFAXにて提出をする。
第9条 (除名及び受講拒否)
会員及び講座希望者が次の各号の一に該当するとき除名及び受講拒否を行うことができる。
1. 本会の名誉を傷つけ、または協会の目的・会員義務に反したとき。
2. 講習会などで、ビジネスセールスや宗教その他の勧誘を行ったとき。
3. 無断キャンセル、キャンセル料の支払いに応じない場合。

第4章 会計

第10条 (経費)
本会の事業遂行に関する経費は、会費、事業に伴う収入、資産から生じる利子、寄付金及びその他の収入を以ってあてる。

第5章 補則

第11条 (補則)
本会則の施行に関して必要な事項は、会長が定める。

第6章 適用

第12条 (適用)
本会則は特に注意書き又は指示のない限り、平成30年11月1日以降適用する。

和の薬膳協会 事務局Tel:0467-73-7544

入会規約に同意する