【2019.06.11】
富山研修旅行【その1】高尾

2019年6月8日・9日の二日間で、富山へ研修旅行を行いました。
東京から約2時間15分ほどで到着。新幹線でおしゃべりしていたらあっという間でした。

お昼頃の到着だったので、まずは腹ごしらえ。
和漢薬種問屋として有名な池田屋安兵衛商店さんへ。

2階にある「健康膳 薬都」でランチを頂きました。
  

みなさんをパチリ!身体に良くて美味しいお食事を頂きました。
食後に身体がとても温まり、みんなでびっくり。
薬草のてんぷらや普段よく食べる棗や白木耳、陳皮なども使われていて、味付けや使い方など勉強になりました。

1階は思わずジャケ買いしたくなるレトロなパッケージの和漢薬がたくさん。
私もいくつか購入しました。眺めているだけでもワクワクします。

昔使われていた薬を作る道具での実演もありました。
昔の人は、こんな風に薬を作っていたんですね!
右手に少し見えるギザギザの金具から包丁でこそげ落とすように薬を取り出します。

上から大きな板でこすり合わせると、ツルツルの丸い薬になります。
これを干して薬にするそうです。
実演して下さる方の前歯が抜けていて、個人的には話より歯無しが気になってしまいました。(オヤジギャグですみません)

今日は、ここまで。
次回は、この続きからご紹介したいと思います。