食欲不振の薬膳

【鎌倉薬膳アカデミー和の薬膳®レシピ】

香りから食欲が湧き出てくる!消化器系をいたわるスープカレー。
じゃが芋、人参、鶏肉は脾を補う代表的な食材です。
鶏肉は骨付き肉にするとさらに元気が増します。
消化器系の弱い人には、にんにくは控えめに。少量使用することで、香りで食欲が増します。
デーツを入れることで味に深みが出ますが、手に入らなければ無くても大丈夫です。

「鎌倉薬膳アカデミーオンラインショップ」はこちら

薬膳スープカレー

<材料>作りやすい分量
鶏肉 1枚(300g) 《調味料》
玉葱 100g 炒め用サラダ油 大1
じゃがいも 大2個 《A》コンソメ 適量
人参 大1本 《A》塩 適量
ピーマン 1.5個 《A》水 400cc
蓮根(トッピング用) 2cm程度 《A》トマト缶 1缶
デーツ 5個 《B》ガラムマサラ 小2
生姜 少々 《B》カレー粉 大1.5
にんにく 少々

 

作り方

  1. じゃが芋は皮をむき1/4に切る。人参はよく洗い乱切りにする。熱湯で軽く茹でておく。
  2. 蓮根は薄切り、ピーマンを3等分に切り、油で揚げる。
  3. 鶏肉を一口大に切り、にんにく、生姜、玉葱をみじん切りに切る。
  4. 鍋にサラダ油を入れ、生姜とにんにくを弱火で炒め、香りが出たら玉葱を加えて炒める。
  5. 玉葱がきつね色になってきたら鶏肉を炒め、塩・胡椒(分量外)で下味をつける。
    《A》と《B》を入れたら30分じっくり煮込む。(途中でアクを取る)
  6. 5にじゃが芋、人参、3等分に切ったデーツを加え15分くらい煮込む
  7. 器に盛り付け、蓮根、ピーマンをトッピングする