ストレスによる胃痛の薬膳

ストレスを受けると血管が収縮し血流が悪くなります。
すると血管を通して運ばれる粘液が十分でなくなり、消化液から胃、十二指腸を守ることができなくなって
粘膜を傷つけます。
今回ご紹介するポタージュは、牛乳が胃を修復し、キャベツでビタミン補給、消化機能を促進してくれます。

「鎌倉薬膳アカデミーオンラインショップ」はこちら

 

キャベツのポタージュ(4人分)

<材料>
キャベツ 400g 2カップ
じゃがいも 50g 固形スープ(チキン) 2個
玉葱 100g 牛乳 1 1/2カップ
バター 10g 小さじ1/2
パセリ 少々 胡椒 少々

作り方

  1. キャベツは芯を取り、5mm幅、玉葱は半月の薄切り、じゃがいもは皮をむき薄切りにする。
  2. 鍋にバターを溶かし、玉葱を入れ、焦がさないように弱火でじっくり炒める。玉葱が透き通ってきたらキャベツ、じゃがいもを加えしんなりするまで炒める。
  3. 2に水と固形スープを加え、沸騰したらあくを取り弱火で15分煮る。
  4. 鍋から火をおろして粗熱をとり、ミキサーにかける。
  5. 4を鍋に戻し、牛乳を加えて一煮立ちしたら塩、胡椒で味つけをする。
  6. 器に盛り、みじん切りにしたパセリを浮かべる。