夏の薬膳

【鎌倉薬膳アカデミー和の薬膳®レシピ】

暑い夏におすすめの体から余分な湿気を出す緑豆とはと麦、コーンのごはん。
少し多めの水加減にすると丁度良く炊き上がります。
緑豆は「ムング豆」とも呼ばれ、体の熱を冷ましてむくみを取るにはとてもおすすめのお豆です。

「鎌倉薬膳アカデミーオンラインショップ」はこちら

緑豆とはと麦のごはん

<材料>4人分
緑豆 60g 《調味料》
はと麦 60g 昆布(5cm角) 1枚
ホールコーン缶(小) 1/2缶 小2/3
2c 大1

 

作り方

  1. 緑豆、はと麦はよく洗い、一晩水につけておく。
  2. ホールコーン缶はザルにあげて水気をよく切っておく。米はといでから、ザルに上げておく。
  3. 炊飯器に緑豆、はと麦、米、昆布、水、調味料を入れて炊く。
  4. 炊きあがったら2のコーンを加えて蒸らし、ざっと混ぜる。