講習会内容

中国最古の医学書「黄帝内経」という本の中には女性の身体は7年ごとに変化していくと書かれています。
変化していく女性の身体にはどのような食養生が必要なのかをわかりやすくお話させていただきます。実習では食薬の使い方も詳しくお話します。楽しく学びにいらしてください。

中医薬膳営養師で鎌倉薬膳アカデミー中薬学・方剤学担当講師の瀧直実先生に、安心安全な薬膳食材を使った女性が輝くための薬膳料理を教えて頂きます。

※キャンセルについて
3日前から前日までは、費用の半額、当日キャンセルは費用の全額をキャンセル手数料として申し受けます。ご了承下さい。

講習会日程その他

  • 薬膳食材料理教室
  • 場所 : 鎌倉薬膳アカデミー
  • 日時 :5月25日(木)11:00~13:30
  • 費用:
    • 会員・非会員 5,400円(講習費・材料費込・税込)
  • 持ち物:筆記用具・エプロン・ハンドタオル
  • 定員 : 先着14名(最少催行人数6名) 
  • 募集締切:3日前迄

薬膳食材料理教室

① 海老と胡桃の炒め物
②水餃子薬膳だれ
③冬瓜とハト麦のスープ
④雑穀ご飯
⑤グレープフルーツゼリー
⑥薬膳茶

IMG_2594.JPGIMG_2675.JPG

IMG_2685.JPGIMG_2691.JPG

薬膳食材料理教室のポイント!

海老と胡桃の炒め物は補腎、水餃子は補血の薬膳食材を使って
作ります。薬膳ダレは枸杞や陳皮などで2種類ご紹介予定です。
はと麦.jpg
冬瓜とハト麦のスープは補の効果を高めるためと、
腎の水はけを良くし、より補腎の効果が上がるため、
そして季節感を入れています。
陳皮.jpg
雑穀ご飯は補瀉両方の食材を使用します。
グレープフルーツゼリーは気滞の方に。

今回使用する食薬
①枸杞
②金針菜
③黒きくらげ
④陳皮
⑤はと麦

お一人でもお友達とご一緒でも、お気軽にお申込み下さい♪

講師

講師紹介写真.jpg




瀧 直実(たき なおみ)
中医薬膳営養師/中薬学・方剤学講師

略歴
栄養士の母の影響で幼い頃より食の大切さを教えられ、日々の食事を大切にしてきたが40歳を過ぎたころから体質の変化や体調不良を経験。家族、自分の為にも改めて食事を一から勉強しようと一念発起。何千年も続く中医学をベースにした薬膳を本格的に学ぶため、山内先生に師事する。学んでいくうちにすっかり薬膳にはまり、多くの人に薬膳の素晴らしさを知ってもらいたいと思い講師に。
中医薬膳営養師コース(中薬・方剤学)講師の他、カルチャーセンター講師を務める。
2014年10月 中医薬膳営養師コース修了
2015年02月 講師養成講座修了
2015年04月 弁証施膳マスターコース在籍
資格
2014年12月 中医薬膳営養師取得