冷えの薬膳

一口に「冷え性」といっても、中医学では体質別に冷え性を考えます。① 元気不足タイプ ② 血液不足タイプ ③ 自律神経失調タイプ ④ 年中寒く感じるタイプなど、それぞれ適した食材が異なります。すべてのタイプに共通の予防策は、疲れ過ぎない程度に身体を動かし、気を巡らすこと。首・手首・足首・腹・腰を温めると、冷えが軽減され楽になります。冷え症の方には、「蒸す」、「煮込む」などの調理法がおすすめ。羊肉・山椒は体をとても温めてくれます。

羊肉のあったか山椒うどん <4人分>

<材料> <調味料>
羊肉 200g (かけだし)
長葱・生姜みじん切り 各大2 出汁 1.8ℓ
溶き卵 小2 醤油 大4
長葱 2本 大3
うどん 4玉 砂糖 大2/3
小1/2

作り方

  1. 羊肉はたたいてミンチにし、塩、粉山椒(分量外)で下味を付け、長葱のみじん切り、生姜のみじん切り、溶き卵を加えてよく練り、団子を作る。
  2. 長葱は、4cm長さの短冊切りにする。
  3. 鍋にかけだしの材料を合わせて温める。
  4. 3に1を入れて火を通し、うどん玉を加えてうどんが煮えたら最後に2を加える。
  5. 器に4を盛り、お好みで粉山椒を振る。

※冷えが強い方は、唐辛子の輪切りを加えて下さい。