HOME > 和の薬膳レシピ > くるみと栗の炊き込みご飯

健脳の薬膳

健脳とは、書いて字のごとく「脳を健康にする」こと。
高齢化社会の進展と共にいまや7人に1人の割合で発症している認知症にもおすすめのレシピです。

健脳には、腎に帰経する食材を使います。このレシピでは、栗やくるみを使った炊き込みご飯です。
脳の形に似ているくるみを使うのは、「以類補類」の考え方。是非お試し下さい。

Img0418.jpg

くるみと栗の炊き込みご飯 <4人分>


 <材料>   調味料 
甘栗 適量 だし汁 400cc
くるみ 適量 醤油 40cc
椎茸 4枚 40cc 
鶏肉 150g

人参 3.5cm長さ

三つ葉 お好みで

<作り方>

  1. 米は洗って、ざるにあげ水切り。
  2. 椎茸は2mm厚に切り、人参は千六本に切る。鶏肉は小さめの一口大に切る。
  3. 炊飯器に1、2、栗、くるみを入れ、調味料を加え炊く。
  4. 茶碗に3を盛り、塩茹でして切った三つ葉を散らす。