【2019.03.16】
弁証施膳マスターコース高尾

当校では、中医薬膳営養師コースや医療関係者向け薬膳上級コースのステップアップクラスとして「弁証施膳マスターコース」があります。

今回は、山内先生による「花粉症の薬膳」でした。
先月小島晃先生に教えて頂いた花粉症の内容を踏まえて、復習と施膳を考えるポイントを教えて頂きました。

証に合わせて導き出された方剤(玉屏風散、小青竜湯、桑菊飲、蒼耳子散)をベースに、どんな薬膳が作れるかチームでディスカッション。
その後、お買い物に行って実際作るというスタイルで授業を進めました。

そして出来上がった施膳がこちら!

薬膳は本来毎日食べるシンプル料理。
でも、そこに中医学理論がしっかりあるのが薬膳です。

弁証施膳マスターコースでは、方解して施膳する(方剤にどんな薬が使われているかを分析して、食材を選んで組み合わせる)ということを行うことで、薬膳力を高める勉強をしています。

薬膳を考えるのも楽しいですが、コースのメンバーも楽しい!
おすすめのコースです。